不倫カップルのイメージ

別居したら不倫にはならない?

「不倫相手と一緒になるつもりなら別居しておいたほうがいい」
「別居したら不倫にならない」
などという話を聞くことがあります。

不倫をする理由は人それぞれです。
単に他の異性との性的欲求を満たしたいだけの人もいれば、結婚生活が上手くいかなくなった、好きな人が他にできたという人もいるでしょう。
しかし、いずれにしろ、いい大人であればまず離婚という形で夫婦関係に決着をつけることが先決であり、 それができないのに他の異性と関係を持ってしまえば相応の責任をとる必要があります。

実際に配偶者の不倫(不貞行為)は民法709条における不法行為に該当し、損害賠償請求(慰謝料請求)の対象となる行為です。

また、民法770条における離婚事由の一つであり、離婚請求の対象ともなります。

 

第770条1項
夫婦の一方は、配偶者に不貞な行為があったとき、離婚の訴えを提起することができる。

 

本来、慰謝料や離婚請求の対象となる行為である不倫が、別居した途端になぜ不倫でなくなるのでしょうか。

確かに離婚調停まで話が進んでしまうと、同じ屋根の下で住むわけにはいかずに別居という状態は生じやすいかと思いますが、 離婚の話し合いをするより先に別居をしてしまう人はけっこう多いと思います。

中には「別居したら不倫にならない」との言葉を鵜呑みにして別居を実行に移した人もいるのではないでしょうか。


例)不倫をしている妻が一方的に家を出て、夫と別居状態になりました。
夫は、今まで一緒に暮らしていた妻がなぜいなくなったのかを考えてみましたが、はっきりとしたことはわからず心配はしています。
妻の携帯に連絡をしてみましたが、妻が電話に出る様子はありません。
その後、いなくなった妻から弁護士を通して離婚請求の通知書が届き、すでに婚姻関係は破綻しているという内容が書かれていました。
夫は驚きました。妻と別れるつもりはないのですが、なぜこんなことに・・・



確かに婚姻関係が破綻している(すでに破綻していた)と認定された場合は、 破綻後に他の異性と性的関係を持っても慰謝料請求の対象となる不貞行為にはなりませんし、離婚成立という結末となるでしょう。

但し、上記の例では、妻側は別居および婚姻関係破綻について拡大解釈をしています。

婚姻関係が破綻しているとは、例えば、お互いに婚姻生活を送る意思がすでになく、連絡もとらずに長期間別居状態にあるような状況を言います。
これは戸籍上の婚姻関係があってないようなものになってしまっている状態です。

ですので夫婦の一方が婚姻関係を継続する意思がないとしても、それだけでは婚姻関係破綻は基本的に成立しません。

別居は夫婦の不仲も含めた意味合いで使用されることが多いですが、別居とはそもそも別々に暮らすことを意味しており、 婚姻関係が破綻しているとの意味までは含まれていないのです。

つまり、不倫による一方的な別居状態にした配偶者から、たとえ弁護士を通して婚姻破綻を主張されたとしても、 直ちに婚姻破綻になるわけではなく不貞行為が不貞行為でなくなるわけでもないということになります。

 

※浮気調査を依頼するならここがおすすめ

 

http://koushinjo.org/

 

http://www.eiard.org/

 

http://uwaki-koushinjo.net/

このページの先頭へ