不倫カップルのイメージ

頼れる探偵とは

探偵として結果にこだわる業務を実施している探偵事務所ならば「所属している探偵個々の姿勢」も日頃の調査にあらわれるものでしょう。
結果に執着する意識を持ち、全ての調査に必要なモチベーションを継続するプロ意識が強く存在しているはずです。
そのような探偵事務所は「ご依頼者にとって心強く頼りがいのある探偵事務所」と言えるでしょう。
探偵に支払う報酬が高い、安い以前に「安心して調査を依頼できる」という基本的な判断基準は満たしてくれているでしょう。
皆さんが優良な探偵に依頼できれば探偵業界の評判や評価も向上するのでしょうがなかなか困難な現実と言えます。
せめて優良な探偵の特徴の一つでも理解して探偵との相談に望めるならば探偵事務所を選択する際にも少しは納得のいくものとなるものでしょう。
ここでひとつだけ確実な特徴のお話しをするならば、このような探偵はご相談の際に通常とは違った雰囲気を醸し出しているものです。
可能な業務は引き受けるが、成功率が低い業務ははっきりと「調査結果が出る保証は有りません」と申し上げられるものなのです。
調査力が高い探偵事務所は「高い経験値を持って相談業務を実施する」ものですから想定からの判断が現実的と言えるのです。
これが「相談者に対する的確な物言い」となって表れるのです。
ズバズバとはっきりと物事を言われることで不機嫌になる方は頼れる探偵に好印象を受ける方が少ないかもしれません。
俗にいう「口は悪いが腕は確か」という言葉がぴったり当てはまる特徴が「頼れる探偵」にはあるものと個人的見解としてですが感じています。

・頼りない探偵と感じてしまう理由

頼れる探偵の特徴とは対極に位置する探偵についてお話しするならば「口や理屈は一流」であり「結果は二の次」が日常茶飯事に調査結果として報告してくる探偵事務所です。
探偵として実力不足である認識がなく、自身の基準が多くのものごとの判断において正解と自負をしてしまうという探偵。
もし、このような探偵に相談して依頼してしまったならば「調査に費やした費用は無駄」となることを覚悟しなければなりません。
口や理屈で調査結果が得られるならば「探偵に調査力は不必要」と言えるでしょうし、「忍耐が必要な職業」という認識はなくなるでしょう。
依頼人の欲する調査結果を現場で取得する実力がある探偵は「黙ってコツコツ調査する」存在であり、調査力をもっている人物ほど口数は少ないものでしょう。
ご依頼者から一から十まで情報が必要な探偵は依頼する側からしても「面倒な探偵」であり「本当に探偵としての実力あるの?」という疑いや不安をもってしまうものです。
この認識が低い探偵は依頼人と対峙した経験が不足がちであり、「情報は多い程良い」と判断し「必要以上に多くの情報を得て調査に着手」しようとするのです。
依頼人の空気を読んで「適度な情報から調査をスタートする」ことも時には正解と言えるものなのです。
ケースバイケースな状況を精査して判断を下し依頼者から情報を得るスタイルも依頼人が納得するならば「堅実で頼れる探偵のスタイル」と言えるのです。

・頼れる探偵は調査結果に拘る

以上のお話しから頼れる探偵と頼りない探偵の大きな違いをご理解いただけたことだと思います。
ご相談者やご依頼者の立場から「調査結果にこだわった業務を実施する探偵」はかなり信頼度が高く、頼れる探偵と判断が可能となります。
ただ、探偵として自身の調査で真実を掴む意思が弱い探偵ほど「他力本願な動向」にあると言え、依頼人が満足する調査を実施できない方向性にあると言えるのです。
この部分が頼れる探偵と頼れない探偵の大きな違いと言え、調査結果として表れてしまうものなのです。
仮に頑張っても結果の出ない調査案件であったとしても「依頼人の満足度は異なる」ことは言うまでもなく、費用に見合った姿勢で調査を実施する探偵ならば「依頼者の納得する調査」となるものなのです。

 

※依頼するならここがおすすめ

 

http://koushinjo.org/

 

http://www.eiard.org/

 

http://uwaki-koushinjo.net/

 

このページの先頭へ