不倫カップルのイメージ

不倫騒動

浮気や不倫が発覚してしまい「社会的地位を失う人物」は意外にも多く存在します。
過ちを認めて反省したとしても「失うものは2度と手に入らない」状況になってしまうかもしれないのです。
最近、話題になった有名タレントとミュージシャンの不倫騒動も同様のケースであったと言えることだと思います。
不倫の代償としては大きすぎる損失であり、取り返しのつかないところまで追い込まれてしまい、結果的には「芸能活動を休業」という形の幕引きで終息しました。
自身がしている行為を全く反省しない「子供じみた恋愛」だったため、大人の責任を初めて突き付けられることとなり動揺を隠せない状況となっています。

このような不倫騒動は世間に存在する一般の方の不倫や浮気と何ら変わりはないと探偵目線からは言い切れます。
そして、不倫を否定して「ただの恋愛との解釈」と思い込もうとした幼い思考も「世間で浮気をする人物たちと似通った考え方」と思えてならないのです。
浮気や不倫をしてしまう多くの男女は「先々のことを考えた上で浮気や不倫をしているわけではない」と言え、その場その場の感情プラス「大人としての個々の自制心」が働くかどうかで先々迎える結末が変化すると言えるのです。

そして、身勝手に「自身の尺度で物事に対峙」しがちであり、感情をコントロールできない程に浮気相手や不倫相手に感情移入してしまうこととなり「周囲を巻き込む大騒動」に進展してしまうのです。

浮気や不倫は家族を裏切る行為

不倫や浮気は誰にでも身近に存在していることは改めて言うまでもありません。
人として異性に恋愛感情が芽生えることがある以上、既婚未婚問わず異性に好意を持ってしまう可能性は否定できないと言えるのです。
もし、全ての人物が感情に任せて浮気や不倫を行動として選択してしまったならば「世間に存在する多くのご夫婦は離婚の危機に常にさらされている」こととなり、結婚という行為が成立しにくい世の中になってしまうでしょう。
ルールや法規を守り成り立っている社会生活ですから、「多くの制限は当然必要」となります。

 

日本の法律では配偶者を持つ者(夫婦)にはお互いにいくつかの義務があり、その中に貞操の義務というものがあります。(他に同居の義務など)
配偶者以外の異性と性行為をした場合、貞操の義務違反となります。

 

参照元:浮気は不貞行為

自ずと浮気や不倫のような行為に対するペナルティーとして損害賠償請求も存在します。

探偵が提供する浮気調査や不倫調査は「ルールを無視した人物に対する請求」に必要な調査行為です。

結婚生活に不安要素を引き起こす可能性が高い「浮気や不倫という行為の抑止力」として存在しているとも言えますし、身勝手な行為が通用しないと判断できる重要な行為と言えるでしょう。
どんなに些細な浮気心であっても「家族を裏切る行為」と判断できる以上は、浮気や不倫を実践してしまう「自身に甘い考え方は非常に危険」な考えであると言えるのです。

浮気や不倫のリスク

不倫や浮気が発覚した際に追及される責任や義務は軽視できません。
仮に浮気や不倫が原因で浮気相手の家庭が崩壊してしまったならば「その追及は更に厳しいもの」となることでしょう。
浮気や不倫の証拠が存在し逃れようのない責任が生じて「浮気相手の配偶者から慰謝料請求」されることとなり請求金額が数百万円などとなったケースでは「自身の行った行為」が如何に重大な責任が生じていたか再確認するのです。

このような状況になって初めて認識する「浮気や不倫のリスク」を最初から認識して浮気する人物は殆ど存在しません。
後悔先に立たずといった心情であり、自身一人では責任が取れ無い状況に陥ってしまう人物が殆どと言えるでしょう。
浮気や不倫が発覚後に精神的に追い込まれる人物は少なくありません。
反省し浮気相手との関係を解消することを約束しても「慰謝料を逃れることは叶わない」でしょう。

大人の行為に対する責任はこのような事以外にも様々存在しているものです。
ご自身をコントロールすることが苦手な人物は浮気や不倫のリスクを追及されることが起こりやすいとも言えるのではないのでしょうか。

関連記事:浮気の慰謝料

このページの先頭へ