不倫カップルのイメージ

女性が不倫や浮気を解消できない理由

浮気相手に魅力を感じる。
夫には無い魅力が浮気相手には存在する。
しかし、これっきりで不倫や浮気関係は解消しようと気持ちでは常に考えている。
浮気相手に会って「交遊していると日常から離れられる」気分になり、家庭では家政婦同様の扱いの母親である自身の気持ちが浮気相手との時間では「一人の女性として扱ってくれる満足感」で満たされてゆく。
ズルズルと浮気関係が止められない。
悪いことであり、ハイリスクなことも承知の上なのに「自身の中の女」の部分が母親や妻としての感情に勝ってしまう。
上記のような感情で「不倫や浮気を解消できない」人物は多く、一人の女性でいたいと願う「女性特有の感情」から浮気相手との関係を継続し「家庭の中では満たされない部分」を満たしている。
妻、母親としての感情が何より最優先であったならば「浮気の魅力にとらわれる」ことは少ないと言えるでしょう。
この部分から判断するならば「浮気に魅力を感じる感情には個人差」があると考えられるのです。
夫を支え家事子育てパートで24時間が過ぎてゆく女性ならば「浮気をしている時間的余裕」や「浮気をしたいという感情的余裕」は極めて少ないと考えられるでしょう。

・誰にでも浮気の感情はある?

探偵や興信所が運営するサイト等の情報を見ると「誰にでも浮気の感情はある」等の話が掲載されていますが、私個人としては「現実的な話に思えない」が正直な感想です。
前述のような生活環境の女性が現実問題として「浮気をする時間的余裕が少ない」ことが考えられ「浮気に遠い生活」をしていると考えられます。
仮に子育てが落ち着きパート等にも余裕をもって出ている生活環境ならば「浮気を考える余裕は生まれる」と考えられるでしょう。
このような考え方から判断するならば「ご家庭での忙しさが浮気心と関係している」ということが言え、すべての女性に常時「浮気心が存在する」とは考えにくいと言えるでしょう。
そのような状況に加え「ご主人との夫婦関係が冷めている」などの要素が重なったならば「浮気心を持って浮気を実行」してしまう可能性は高まると考えられるのです。
浮気心は常日頃から感情として存在するものでは無く、様々な生活環境の状況がかさなって生まれる感情と思えるのです。
常に異性を気にしている人物は稀な存在であり、そのような人物が存在するならば「その人物の癖」と考えるべきでしょう。
浮気心や浮気をしたいという感情とは別ものと判断できると考えられるのです。

・浮気を疑う前に

夫婦生活において性生活が全くない状況や家で過ごす時間が極めて少ない人物が全て「浮気や不倫をしている」とは考えられません。
性欲の観点から判断するならば「年齢やマンネリを理由に減退」することが常識的ですし、仕事をこなす精神的余裕や体力的余裕が年齢とともに減退し「仕事に関わる時間が長くなる」ことも普通のこととして受け止められるでしょう。
ここで皆さんにお伝えしたいことは「浮気を疑う前に確認すべき事柄」があるということなのです。
現代ではセックスレスなご夫婦が珍しく無く「浮気を疑う理由として重要ではない」と判断している方も多数いらっしゃるのです。
それよりも重要なことは「パートナーが現実に関心をもっている事柄を把握」することと考えられるのです。
プライベートな時間を何に利用しているか?を理解することが「浮気を判断する基準」として相応しいと考える方が増加しているのです。
重要なポイントは「何に興味を持ち時間とお金を使うか?」になるのです。
このポイントを押さることで多くのことが自然に把握できるとも言い換えられます。
仮に書店で書籍を購入していることが行動として頻繁であるご主人に「浮気の疑いが濃厚」とは考えないと言えることでしょう。
他にも仕事を終えてまっすぐ帰宅しゴルフの練習に出かけることを日課としているご主人がゴルフ用品にお金を使い練習することで「浮気が濃厚」とは判断しません。
習慣や日課に関して言うならば「ジョギングを毎日欠かさず」や「ジムに週3で通っている」等の行動が着替え等から確認されているならば「浮気を疑う状況に無い」と確認できるはずです。
このように仕事以外の「時間やお金」を何に費やしているか確認できていれば「浮気を疑う要素が減少」するのです。

 

※浮気調査を依頼するならここがおすすめ

 

http://koushinjo.org/

 

http://www.eiard.org/

 

http://uwaki-koushinjo.net/

このページの先頭へ